コンビ肌着とは

コンビ肌着とは

Pocket

生まれる赤ちゃんのために用意する肌着には、大きく分けて2つあります。短肌着長肌着です。どちらも、前開きになっており、ひもを結んで着せるようになっています。両者の違いは、文字通りその長さです。短肌着の丈は赤ちゃんの足の付け根あたりまでで、夏ならこれ1枚で過ごすことも可能です。長肌着は、サイズにもよりますが足の先まで覆うくらいの長さです。暑くない季節に生まれた赤ちゃんの場合、短肌着と長肌着を重ねて着せるようになります。

コンビ肌着コンビ肌着は、形は長肌着とよく似ていますが、裾の内側にスナップがついており、止めるとズボンのようにそれぞれの足を覆う形になります。生まれた直後は足の動きも大きくなく、おむつ替えの頻度も高いので長いスカートのような形の長肌着が便利なのですが、個人差もありますが2~3か月くらいになると赤ちゃんは盛んに足を動かすようになります。長肌着でははだけてしまうので、このくらいの時期からはコンビ肌着が便利になってきます。

ちなみに、ベビー服・新生児肌着通販の「チャックルベビー」というサイトにも記載がありましたが、コンビ肌着であれば赤ちゃんの足の動きを妨げることがないようです。出産前に3~4枚用意しておくと安心だそうです。

また、寒い時期であれば、長肌着と同様に短肌着の上に着せることもできますし、季節によってはコンビ肌着1枚でも過ごすことができます。コンビ肌着に限らず、赤ちゃん用の肌着は50~60cmや50~70cmといったように、余裕をもって作られていることが多いので、比較的長い間着せることができます。

 

肌に優しい肌着を

子供服には、大人の衣類にはない配慮がされている場合がありますが、赤ちゃん向けの肌着には、その中でも特別な配慮がなされていることが多くあります。まずは素材です。赤ちゃんの肌に優しい、コットン(綿)が使われることが多いですが、季節によっては汗などがより乾きやすい綿とポリエステルの混紡のものも便利でしょう。綿の場合はまた、化学薬品を使わずに栽培されたオーガニックコットンが用いられることもあります。

コンビ肌着についても、デリケートな赤ちゃんの肌に直接触れることから、肌に優しい素材を選ぶことが求められます。日本製のものの多くが、赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまわないように縫い目やタグを外側につけるなどの配慮をしています。また、メーカーによっては、股下を止めるスナップに金属を使わず、プラスチックにしているところもあります。金属アレルギーを防ぐこと、肌着を温めてから着せるような場合に、ボタンが熱くなってしまわないための配慮です。

コンビ肌着に限らず、赤ちゃん用の肌着は余裕を持ったサイズで作られています。コンビ肌着はいつまで着せるという決まりはありませんが、季節が移って着なくなることもありますし、きついと感じるころには前開きでない衣類も着せやすくなっています。赤ちゃんに優しいことを確認できれば、ママの好みのデザインを選ぶのも楽しいものです。


Comments are closed.